Archive for February 2014

18 February

脱原発にいざ市民の会がパレード

2月16日、第9回パレードが行われました。ジョニーHさんや、サンバプラネットのウランさんが軽快に「再稼働反対」「輸出とんでもない」とアピール。大雪のあとなのに、約60名の市民が集まり、元気にパレード。電気は足りている。原発動かすなと声を上げ続けましょう。



21:28:55 | kaoru-k | No comments |

街路灯がLED照明灯に・・3月議会が始まります

 3月議会の予算書が配布されました。これまで市民の皆さんと要求していたことがいくつか盛り込まれています。
 保育園新増設(定員264名増)、特定健診の無料化、家具転倒防止器具の無料化(高齢者と障がい者世帯)、街路灯をLED照明灯に、学校トイレ改修の前倒し発注などです。

 市は今、「地下鉄12号線延伸」に躍起となり、市役所はポスターだらけで、まるでサーカス小屋のようです。本格的に始まる約百億円の「大和田の区画整理」も大型倉庫を誘致するもの。交通の便が良くなっても市民の暮らしが良くなるとは限りません。
 地元の中小業者を応援して市民の所得を増やし、「地域循環型」「内需拡大型」の経済対策をこそ、市民は望んでいると思います。写真は無料で給付される家具転倒防止器具です。



21:09:47 | kaoru-k | No comments |

14 February

ずっとお腹がいたい

 今日は朝から雪。定例の朝霞台駅宣伝をしましたが、傘を閉じながら改札に向かう通勤通学の方たち。「にいざ民報」はいつもよりはけないのは仕方ない事です。でも「がんばってください」と言ってくださる方がいて、心が温まります。
 冷えたためか、今日は1日中、お腹が少し痛かったです。



20:48:08 | kaoru-k | No comments |

まちづくりに禍根を残す「墓地」

 「新座市生きた一票を託す会」は、市政の課題に市議会がどう取り組んでいるのか、各市議が公約実現にどう取り組んでいるかなどに関心をもち、議会もよく傍聴してくださいます。
 今回は「共産党市議団と懇談の番です」というので参加しました。
 生活保護、保育園の待機児、墓地問題、地域福祉、秘密保護法などについて活発な意見交換ができました。
 緑の保全やまちづくりにも禍根を残す「墓地問題」は特に熱がこもって説明させてもらいました。会員のかたも関心をもち、私が作ったパネルを会の広報に載せてくださるそうです。



20:25:44 | kaoru-k | No comments |

「保険料値下げを」埼玉県後期高齢者広域連合に署名を提出しました

「保険料の値下げを」
今日、埼玉県後期高齢者広域連合に団体請願をしました。埼玉社会保障推進協議会さんが、請願をよびかけ、短期間に112団体もの団体が請願を出してくださいました。

 75歳以上の保険料がまた上がる・・4月から消費税と合わせてダブルパンチです。昨日は「灯油代が2200円になった。厚着してストーブはつけないよ」という悲痛な声を聞きました。埼玉県は財源が166億円もあるのに、半分も取り崩さないため、またまた保険料をあげるのです。高齢者いじめは許せません。



20:01:40 | kaoru-k | No comments |