Archive for November 2012

17 November

母逝く

8時46分、母が亡くなりました。89歳。

老健施設に8年、認知症はどんどん進みましたが最後まで私の事はわかり、会いに行くと「かおる」と嬉しそうに笑ってくれました。

気が強く、負けず嫌いできれい好き。通信教育で書道師範まで究めた努力家です。
父と何ヵ国、旅行に行った事でしょうか。服や鞄、写真など数え切れません。たくさんの方にお世話になり幸せな人生だったと思います。

病院で同年輩の方をみると私にはもう母はいないのだ、と寂しくなりました。

明後日が葬儀です。

21:31:03 | kaoru-k | 3 comments |

13 November

本末転倒では?

 今日、ある方の生活保護申請につきあいました。

 この方は年金が二カ月で18万円強あり、生活保護基準(一か月あたり約7万円)オーバーで受給できませんでした。
 私は、男性一人で最低生活費は11万5千円という覚えがあったのですが、この方の場合は持ち家なので、家賃助成(4万7700円)が入らないため、所得オーバーというのが市の言い分です。

 しかし、息子さん分も国保税を払っており、二人世帯と認めるようにさらに交渉しようと思います。

 それにしても食費、光熱費など、「一か月7万円で生活」とはギリギリもいいところです。この最低生活基準額を「年金より多いから引き下げよう」というのが今の政権と自民党です。本末転倒もいいところ。

22:19:58 | kaoru-k | No comments |

07 November

母 危篤

母が危篤との連絡が弟からあり、昨夜から実家の上尾に泊まっています。

血圧が50以下に下がりましたが、何度も持ち直しました。
顔もそっくりな母。

肺に送る酸素を一生懸命吸っています。なんとか頑張ってほしいです。

19:06:07 | kaoru-k | No comments |

05 November

知ってほしいな。共産党の政策

 11月4日、穏やかな秋の一日。野火止支部と街頭宣伝を10回やりました。
 収入や年金は下がり続け、景気がわるくて仕事も減っているのに、増税だけを決めた民主党政権。公約破りを迫った自民、公明は民主党を批判する資格があるでしょうか。

 国民年金より生活保護が高いので、生活保護を下げるとは・・やることが逆ではないでしょうか。

 暴行事件が続く沖縄、農業や医療も壊すTPP、日本は重大は岐路に立っています。共産党は財政再建、領土問題、原発など、どんな問題でも打開策をもっていますが、マスコミは一切報道してくれません。反対だけの政党と思っている方がほとんど。自分で街頭にでて訴えるしかないのです。



19:57:05 | kaoru-k | No comments |

ふるさと新座館が開館 待望の中ホールができました

 11月1日、野火止6丁目「ふるさと新座館」が開館。地下には246席の中ホールもできました。
三日の日の開館記念イベントに芦野議員と行きました。
「もぎたて畑」(農産物直売所)は入場制限するほど長蛇の列。先着の方にブルーベリーの苗木がプレゼントされ、外ではニンジンうどんの模擬店、アトムやゾウキリンなど、ゆるきゃらも子どもたちに囲まれていました。
 中ホールは文化芸術団体が懇願していたもので、やっと完成です。講演会やピアノやバレーの発表、音楽会などにぴったり。音響もいいようです。
 16,17日には新藤兼人監督の最後の最高傑作「一枚のハガキ」を上映します。ぜひご鑑賞ください。



19:39:59 | kaoru-k | No comments |