Archive for November 2010

29 November

第一報はその日のうちに

「○○で困ってます」など日々、いろいろな生活相談が寄せられます。解決できない雇用の相談などには、自分の無力さを思いますが、色々な人の知恵を借りて精いっぱい取り組んでいます。弁護士や社労士、介護士、国会議員や他市の市議さんなど、共産党のネットワークはすごいものです。
 私が心がけていることは、「第一報はなるべく早く」「できたらその日のうちに」ということです。
 「道路課に伝えました」とか、自分が動いたことを相談者の方にまず報告しておきます。「誠意が伝わるからそうしなさい」とある先輩議員が教えてくれたことです。ありがたいアドバイスで私のモットーにしています。

22:15:28 | kaoru-k | No comments |

道路補修を県に依頼しました

 「道路の傷みがひどく、自転車のタイヤが挟まってしまう」「つえやヒールが入ったり、転んだりする」という声を聞いて、昨日見にいきました。
 ほんとに歩道の亀裂がひどく、子どもの自転車もそこを避けて車道を走っています。何枚か写真を撮って今日、朝霞県土整備事務所にメールしました。
 ウタガワさんという道路課長からさっそく「現地を見ます」と返事がありました。
普段、私は車で走っていて気が付かないところが多く、県道をずっと歩いて、危険個所を見つけないといけません。先日購入したデジカメを駆使していこうと思います。

22:05:54 | kaoru-k | No comments |

上から目線の「学区変更」 四小から陣屋小へ

 住宅が増えているわが畑中馬場地域の学校・第四小学校は、この調子でいくと普通教室が不足してしまう。教育委員会は「学区変更」を検討していたが、このほど、マーテルやエクレール、ビューアリーナなど5つのマンションの在校生は「陣屋小学校に移ってもいいですよ」という通知を出していることがわかった。

 しかし、親御さんは、「同じマンションで違う学校は通学班も違うし、まとまりがなくなるのでは」と心配されている。子どもたちからも「学区変更」の希望は出ていないようだ。

当然だろうと思う。
 友達関係ができているし、多少遠くても友達と離れたくないからだ。
 教育委員会は「たとえ、全員が陣屋に移っても2,3年は大丈夫」などと言っていたが、長期的に陣屋で大丈夫なのだろうか。
 新座市は、子どもが増え続ける大和田小、東野小、四小と、減り続ける学校と両極端で、本当はもう一校大和田と四小の間に「新設校」をつくる計画もあったのだ。
 事前のアンケートで「四小を変わりたくない」と答えている子どもが9割もいることがわかっているのに、「このたび指定校変更を認める」(学区変更)という通知は、いかにも「上から目線」で保護者や子どもの気持ちを考えていないと思う。

21:36:13 | kaoru-k | No comments |

27 November

畑中町内会の「福祉のつどい」

 今日は畑中町内会の「福祉のつどい」です。川口の健康ランド武蔵野に行くと、お風呂あがりでつやつやした方たちが百人くらい昼食を楽しみに待っておられました。
 来賓で呼んでいただいた私は、「今日は皆様とお会いできるので、三つお土産をもってきました」と挨拶しました。
「一つはインフルエンザの予防接種が今年は無料でできます。市役所で非課税証明をもらってください。二つはお孫さんのことですが、小中学校すべての教室に来年からエアコンがつくことになりました。13億円9300万円で12月議会で補正予算が出ています。三つ目は、市内循環バスの時刻表と地図をもってきました」と述べました。
 80歳代の方が次々にカラオケで自慢のどを披露し、大変なにぎやかさです。家計をやりくりし、健康に気をつけて頑張っておられる方々から元気をいただいた感じです。

23:27:18 | kaoru-k | No comments |

26 November

楽しかった 幸せだった 福井裁判

24日、「福井裁判を支援する会」世話人会のご苦労さん会をやりました。
 やりがいのある大義ある「裁判」だったので、みなさん一生懸命応援し、たたかった一年半でした。
 「裁判をよく決意した。勇気がある」「楽しかった」「この裁判をやれて幸せだった」と何人もの人が語ったのは私にとってもうれしいことでした。
 原告が明るく、へこたれず、ユーモアーがあり、ちょっと「天然」だったので、世話人会はいつも笑いが絶えませんでした。
世話人会のメンバーは、労働法に明るい社労士の先生、介護職のたたかいを指南してくれた埼玉労組・ユニオン、署名の鬼となって一万筆を集めた事務局長、戦いを全国に広げた女性のネット、そして私は県議の力も借りて不正をあばいてきました。
 いいチームワークで裁判勝利を導けたとみなさん満足でした。

 まだまだ施設の問題は残っていますが、ひとまず支援する会は終りです。民主党政権は、介護保険制度をどんどん改悪する方向です。この裁判で培った力で介護保険をよくするたたかいを続けていきます。

23:04:35 | kaoru-k | No comments |