Archive for October 2009

07 October

あたたかなふじみ野市に

 25日投票のふじみ野市長選挙に大井町議など8期のベテラン、渡辺としふみさんが立候補します。ふじみ野市といえば2年前プール−で小学生が亡くなった事故が思い出されます。指定管理者制度で民間の孫請け会社が管理し、市の目が行き届かなくなる中で起こった事故でした。
 (1)子どもに付けを残さない(2)小さな市役所、財政健全化と他の候補たちは言っていますが、職員を減らし、市民の福祉を安上がりにする流れはプール事故の反省がないと思います。

 渡辺さんは市長報酬の3割カット、黒塗り市長公用車を廃止して愛用のバイクで勤務しますと語り、写真もバイク姿でした。穏やかで誰にでも優しい人柄の方です。75歳以上と中学までのこども医療費無料化、国保税引き下げなどを公約しています。
 政権交代が実現するよう応援をお願いしたいです。

22:11:06 | kaoru-k | No comments |

トップ当選

 埼玉県の後期高齢者医療広域連合議会の補欠選挙(定数5・立候補6)があり、私が204票でトップ当選しました。埼玉県内40市の党議員は142人だから、それ以外の方が60人以上も応援してくださったことになります。

 新座市での投票結果は共産党の6議員+高邑議員の7票でした。「後期高齢者医療制度は廃止を」マニュフェストに掲げた民主党に所属する市議が3人いますが、なぜか棄権しました。広域連合議会はさいたま市の加川議員以外は全部自民党の議長たちが占めていますから、「廃止」で一致する私を党派をこえて応援してほしかったです。

 今日は朝からおめでとうメールや電話が相次ぎました。皆さんの期待にこたえなければと緊張しています。

21:56:04 | kaoru-k | 2 comments |

06 October

やんばダムはやっぱり中止に

話題の渦中のやんばダム!
 私は4年前に党委員会主催の現地調査に参加しました。その時一番驚いたのは、ダム建設現場は湧水がおおく地盤が軟弱で水を貯められない地質だということでした。奈良の大滝ダムや埼玉の滝川ダムはダム建設後、地くずれを起こし、その対策費が膨大にかかりいまだに水を貯めることができないと言います。もともとダムには不適な地なのです。

 それに、多額なダム建設と維持費はその後の水道料金の値上げにはねかえってきます。私は以前、水道委員をやっていましたが、「滝川ダムができたので○●円」と値上げに直結していたのを記憶しています。新座市は県水7割、地下水3割をブレンドして水道水にしています。県水の値上げは即、水道料金値上げになるのです。

 首都圏は水余りで利水の用はなし。洪水対策には堤防の強化や遊水地の整備などダムによらなくても方法はあるそうです。
長い間国の誤った政策に翻弄されてきた住民の方に誠意を尽くして謝り、なぜダムがいらないかをキチンと説明する責任が新政権にはあると思います。
 「吾妻渓谷は天然のダムです」と言った伊藤ゆうじ群馬県議の言葉が印象的でした。

23:47:16 | kaoru-k | 2 comments |

04 October

都幾川町の四季彩館へ

夏休みはなくずっと総選挙。休む間もなく9月1日から九月議会が始り、色々なことがあるのにブログを書かなくて反省しています。またがんばってみようと思います。

 今日は友人の紹介で都幾川町の四季彩館というところに7人でドライブに行きました。ゆっくり温泉に入ってお喋りし、お蕎麦を食べ、都幾川町の建具会館や川島町のJA直売所に寄りました。この頃ちっとも料理をしないのに、お土産には胡瓜やナスなど野菜が安いのでつい買ってしまいます。心地よい秋風にピンクや白のコスモスが揺れていました。山の空気を吸って楽しい一日でした。

 温泉はアルカリ分が強く肌がつるつるになる美人湯だそうです。足が痛い、腰が痛い、肩が張るなど団塊の世代の仲間たちは身体の不調を訴えています。これといってどこも痛くない私は珍しい部類かも。でも帰りの車の中でスルメを噛んでいたら差し歯が取れてしまいました。やっぱりガタがきています。

20:40:14 | kaoru-k | No comments |